Duh (of Lagwagon)

Duh
(1992/10/28)
Lagwagon
★★★★☆
Amazonで試聴

アメリカのパンクロックバンド、Lagwagonのファーストアルバム。Bad Religion、NOFX、Pennywise、Snuffに並ぶ元祖メロディック・ハードコアバンドである。パンクバンドらしく、レコーディングとミキシングで4日という本作は、荒削りながらも独特の泣きのメロディが秀逸。

メロディック・ハードコア:メロディック・ハードコアとは、ファストビートのドラムやメタル風の複雑なギターリフで特徴付けられるハードコアの中でも、特にボーカルがメロディックなものである【Wikipedia: Melodic hardcore】。


Duh

1. Tragic Vision

★★★★★
YouTube】 【歌詞和訳
緊張感がありながら厳かでかつ激しい唯一無二の楽曲。

2. Foiled Again

★★☆☆☆
緊迫したハードコア。

3. Bury the Hatchet

★★☆☆☆
静と動のフックが効いた畳みかけるような楽曲。

4. Angry Days

★★★★★
YouTube】 【歌詞和訳
耳にこびりついて離れない哀愁のあるイントロとギターソロ、青臭さもありながら哀愁漂うボーカルメロディ、若き日のもの悲しさを疾走感のあるメロディにのせた名曲。

5. Noble End

★★★☆☆

6. Child Inside

★★★☆☆

7. Bad Moon Rising

★★★☆☆
Creedence Clearwater Revival のカヴァー。

牧歌的な曲をメロコアにするおもしろさが味わえる楽曲。

8. Beer Goggles

★★★☆☆

9. Inspector Gadget

★★☆☆☆

10. Parents Guide to Living

★★☆☆☆
ハードロック風。

11. Mr. Coffee

★★★★☆
歌詞和訳
爆発力と疾走感のあるユーモラスな楽曲。

こういう早口言葉を言いまくる曲、作りたかったんだろうなって思う。

12. Of Mind and Matter

★★★☆☆

13. Stop Whining

★★☆☆☆

14. Lag Wagon

★☆☆☆☆


感想

メロディック・ハードコアを代表する名盤の一つ。荒削りのサウンドながら、メロディの良さは折り紙つき。『Tragic Vision』と『Angry Days』は、年代を超えて聴き継がれるべき名曲であるし、『Bad Moon Rising』と『Mr. Coffee』は、ふざけたアイデア満載のメロコアらしい楽曲。

グランジに傾倒していた十代中盤、知人に渡されたテープは私をメロコアキッズに変貌させました。そのテープは、メロコアパーティーなる、早まわしにしたメロコアを流しまくり、キッズが暴れまわるという会合の録音テープだったのですが、私はこれにコテンパンに叩きのめされました。そして、その中にあったのが『Lagwagon』の『Tragic Vision』と『Angry Days』です。この2曲は本当に名曲で、現在まで15年以上聴き続けています。
 

関連リンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク