Slipknot (of Slipknot)

Slipknot
(1999/06/29)
Slipknot
★★★★★
Amazonで詳細を見る

アメリカのメタルバンド、Slipknotのファーストアルバムで、アメリカレコード協会からマルチプラチナ認定(200万枚)されている。【RIAA

ボーカリスト、ギタリスト2人、ベーシスト、ドラムス、パーカッショニスト2人、ターンテーブリスト、サンプラーから成る9人編成のバンド(現在は8人)。

歌唱は、グロウル(唸り)、スクリーム(叫び)を中心としつつも、クリーンなメロディを歌い上げる部分もあり、加えて、ラップ、スクリームラップをも使い分ける。更に、音楽シーン随一の密集したリズムは、デスメタルやスラッシュメタルのファストなメタルを刻み、これに稠密な歪んだギターサウンド、奇怪なサンプラー、ヒステリックなスクラッチが重なる。その過剰に密集し積み重ねられたサウンドは、極めてアグレッシブで、聴くものを轟音と喧騒の渦に叩き込む。

また音楽性は極めて複雑で、あらゆるサウンドクリエートの方法論を駆使し、メタル、ロック、インダストリアル、ヒップホップなど多様なジャンルを取り込んだ、怪奇音響芸術とでも言えるかもしれない。

しかしそんなラウドかつアングラなサウンドにも関わらず、洗練された声で歌い上げられる傑出したメロディラインなどの部分的なキャッチーさによって、商業的成功を収めた作品でもある。

また、すべてのメンバーが猟奇趣味のマスクを被り、首の骨が折れそうなヘッドバンキングをし続けるという、ライブパフォーマンスやスタイルの特異性も本バンドの特徴である。【ウィキペディア: スリップノットWikipedia: Slipknot (band), Wikipedia: Slipknot (album)


Slipknot

1. 742617000027 (Intro track)

YouTube】 【歌詞和訳
ギタースクラッチと抽象的なサンプルサウンドをバックに、"The whole thing, I think, is sick."の言葉が、繰り返し吐き出されるだけの不気味なイントロ。

その声は、チャールズ・マンソンのドキュメンタリーからサンプルされているという。【Wikipedia: Slipknot (album)

2. (Sic)

★★★★★
YouTube】 【歌詞和訳
ドラムと一体になったファストなギターリフで幕開ける、スクリームラップが被されたスラッシュメタル。曲全体を埋め尽くすように刻まれる打楽器、ゴリゴリしたギターサウンド、高速度スクラッチなどから構成される極めてアグレッシブな楽曲。1分半からの打楽的間奏もまたこの曲の山場の一つ。

3. Eyeless

★★★★★
YouTube】 【歌詞和訳
印象的なスクラッチとサンプラーで始まる、エッジの利いた狂騒的スクリームミュージック。引っ切り無しに変化する多彩な声色や、縦横無尽の打撃音などバンドの高度な技術を感じさせる楽曲。特に、1分半からの打楽器の手数の多さは恐るべきものがある。

麻薬中毒者の妄想を綴ったかのような歌詞。

4. Wait And Bleed (1st single)

★★★★★
Music Video】 【歌詞和訳
透りのいい声で歌い上げられる、洗練されたメロディを持った楽曲。しかしこの曲の凄さは、豹変的に移り変わるクリーンからスクリームへの変化で、それは極めてカタルティック。また、バックグラウンドの打撃音も、メタルやロックの粋を超えた芸術的なリズムを刻む。

ミュージックビデオは、上記のライブ映像バージョンとクレイアニメーションバージョンがある。後者は、デヴィッド・クローネンバーグの『裸のランチ』のような雰囲気漂うグロテスクな映像。【Music Video: Claymation version

5. Surfacing

★★★★★
YouTube】 【歌詞和訳
金切り声のようなギターフレーズ、風切音のようなスクラッチなどから構成される奇抜な音響空間。そしてそれに投げ込まれる轟音の塊。

何かにとらわれること、評価されることへの嫌悪を表現した歌詞。

6. Spit It Out (2nd single)

★★★★★
Music Video】 【歌詞和訳
メタリックなサウンドに、次々と移り変わるスクリームラップとクリーンラップが機関銃のように吐き出される。

7. Tattered & Torn

★★★☆☆
YouTube】 【歌詞和訳
不協和なノイズに阿鼻叫喚のスクリームとグロウル。

8. Me Inside

★★★☆☆
YouTube】 【歌詞和訳
前半は陰鬱なラップだが、後半からは目まぐるしくリズム、サウンド、歌唱法が変化。


9. Liberate

★★★★☆
YouTube】 【歌詞和訳
ラップメタルと攻撃的なスクリームミュージックから成る楽曲。怪奇列車を乗リ回して、爆走しているイメージ。

世界に向けた激情を綴ったかのような歌詞。

10. Prosthetics

★★★★☆
YouTube】 【歌詞和訳
暗黒的な意味でドラマティックな楽曲。ホラーなサンプリングの嵐。

11. No Life

★★★☆☆
YouTube】 【歌詞和訳
激情的なマシンガンラップ。

12. Diluted

★★☆☆☆
YouTube
多様な陰鬱と狂乱から成るカオスな楽曲。ラストのドラム、パーカッションは秀逸。

13. Only One

★★★☆☆
YouTube
ファストハードコア、ファストラップ、そしてグルーブ感のあるパートに移行。そして1分後半にドラムソロと、複雑。

14. Scissors

★★★☆☆
YouTube
カオスなホラーショウ。

15. Eeyore

★★★☆☆
YouTube
スラッシュメタル。


Frail Limb Nursery (Instrumental)

不安感を煽るサンプリングのみの間奏曲。

Purity

★★★★☆
YouTube】 【歌詞和訳
極めて複雑な楽曲。ギターとスクラッチが形作るイントロの奇妙なサウンド、そして呟くような歌唱から、空虚感あるクリーンな歌唱に移り変わり、更には押し潰すような轟音とスクリームの塊へと変遷。

Get This

★★★★☆
YouTube
超絶技巧ファスト・スクリーム・ハードコア。


旧版、日本版にあった名曲

上記『Frail Limb Nursery』と『Purity』は、リリース時には8曲目と9曲目に収録されていたが、現在は『Me Inside』に置き換えられている。なんでも、歌詞に関する著作権の問題があったとか。【Wikipedia: Slipknot (album)

また『Get This』は、リリース時の日本版ではボーナストラックだった。


関連情報

アルバム名 Slipknot
アーティスト名 Slipknot
発表 1999/06/29
評価 ★★★★★
メンバー Corey Taylor, Mick Thomson, Shawn "Clown" Crahan, Craig "133" Jones, Jim Root, Chris Fehn, Paul Gray, Joey Jordison, Sid Wilson
プロデューサー Slipknot, Ross Robinson, Sean McMahon


関連リンク

Slipknot 10th Anniversary Edition

Slipknot 10th Anniversary Edition
(2009/09/09)
Slipknot
Amazonで詳細を見る

Amazonへのリンク

iTunesへのリンク


スポンサーリンク
スポンサーリンク