Rotting in Vain (from The Serenity of Suffering of KORN)

KORNのアルバム『The Serenity of Suffering 』の2曲目『Rotting in Vain』の和訳。「Rotting in Vain」は、無意味に朽ち果てていく的な意。



2. Rotting in Vain

I wouldn't be angry if you just fucking cried
Your tears would arouse me, refreshing my supply
The suffering is fading, I scream into the sky
Repulsion invades me, I say goodbye

お前が泣き叫んでも、憤りなど感じない
お前の裂け目は俺を掻き立て、俺の抜き身を晒す
憎悪は色褪せていき、俺は空に咆哮す
嫌悪感は俺を侵食し、俺は別れを告げる

Digging deep inside of me
Getting past this agony
I can't seem to get away
Another day rotting in vain

俺の中を深く掘り進み
この憎悪を乗り越えてゆけ
俺には逃げ出すことなど出来ないようだ
また一日が無意味に腐っていく

I wouldn't be angry if things would stay the same
You're fighting the torment that helps me feed my pain
The suffering is fading, I scream into the sky
Repulsion invades me, I say goodbye

怒りはしない、全てが変わらないままであっても
お前は抗い続ける、俺の苦しみを自ら産み育てさせる苦境と
苦痛は薄れてゆき、俺は宙に叫ぶ
反感は俺を侵食し、俺は別れを告げる

Digging deep inside of me
Getting past this agony
I can't seem to get away
Another day rotting in vain

俺の中を深く掘り進み
この憎悪を乗り越えてゆけ
俺には逃げ出すことなど出来ないようだ
また一日が無意味に腐っていく

I can't take this

こんなものには耐えられない

……
……

I can't fuck this

これを蔑ろにするなんて俺には無理だ

……
……

I can't fake this

これを飲み込んで生きるなど考えられない

……
……

Digging deep inside of me
Getting past this agony
I can't seem to get away
Another day rotting in vain

俺の中を深く掘り進み
この憎悪を乗り越えてゆけ
俺には逃げ出すことなど出来ないようだ
また一日が無意味に腐っていく

Digging deep inside of me
Getting past this agony
I can't seem to get away
Another day rotting in vain

俺の中を深く掘り進み
この憎悪を乗り越えてゆけ
俺には逃げ出すことなど出来ないようだ
また一日が無意味に腐っていく

Rotting in Vain as written by Ray Luzier, Reginald Arvizu, Brian Welch, James Shaffer, Jonathan Davis
Lyrics (C) Warner/Chappell Music, Inc.

破壊されていく人間について

歌詞は極めて内省的な、憎悪、怒り、嫌悪について綴られているように思え、また自己に堆積していったそれらの感情を傍観してしまったがゆえに生まれたより凶悪な何かによって破壊されていく人間を参照しているように感じられる。

ジョナサン・デイヴィスによる説明

一方、ジョナサン・デイヴィスはこの曲について以下のように語っている。
"Rotting in Vain" was written about being in that black place, being in situations that I don't like in life – be it relationships, or feeling when you're stuck and you're just being abused or you don't like where you're at, and you just sit there and rot. It takes you years and years to figure out how to claw your way out. That's where "Rotting in Vain" came from. I'm just sitting there, fucking dying and letting it happen for years and years and not helping myself to get out of that place. That's the vibe that inspired the song.
訳:
『Rotting in Vain』は、悪い状況にいることについて書かれているんだ。それは人生において好まない状況、つまり、そうあることの関係や、身動きができず虐待されているときの感覚、その場にいることを好まず、居るだけで腐っていくように感じる状況について書かれているんだ。そして、みんな出口を必死で探し求めて何年もの月日を失う。「Rotting in Vain」はそこから来ているんだ。僕はただそこにいて、死んでいく、そしてそれは何十年も起こったまま、そこから逃げ出すために自助努力することもない。それがこの曲を触発した発想の元とも言うべきものなんだ。


幻惑的な奈落のサウンド

奈落で鳴り響いているような分厚いリフと幻惑的なサウンドが特徴的で、通りよく繰り返されるヴォーカルに眩暈がする。そして、曲の後半には全てを破壊するスキャットの咆哮が差し込まれる。


関連リンク

Rotting in Vain
(2016/10/20)
The Serenity of Suffering
Korn
★★★★☆
Amazonで詳細を見る


スポンサーリンク
スポンサーリンク